【コロナ禍】ジムの必要性がいま問われる

ジム, トレーニング, スポーツ, フィットネス, マシン, グレー, 屋内

GOTOトラベル全国一斉一時停止になりましたね。

年末にホテルの予約を取っていたので少々残念です。

コロナ禍の今、フィットネスクラブやジムの必要性はどれだけあるのだろうかと考えていました。本日投稿するのは、その疑問についてです。

ジムで行う必要性は本当にあるのか?このテーマについて、時勢を踏まえながら見ていきます。

コロナ禍により、今年はオンラインでの運動などもYouTubeですごく流行りました。

私のお客様も緊急事態宣言時、動画をみて運動をされていました。

YouTubeで人気の動画「HANDCLAP」現在の再生数は約2000万回になろうとしています。世間の自宅運動意識は確実に上がっていると思いました。

また自宅でも器具を用意すれば、ベンチプレスは行えますし、わざわざジムにいってランニングをするよりも、外でジョギングをしたほうが開放的で、コロナ感染リスクも減少するので通う必要性が薄れているかもしれません。

この疑問に対して、レズミレズ社のフィリップ・ミルズは2020年9月にこういった記事を投稿しています。

フィットネスクラブ会員は、会員でない人々よりも14倍身体的にアクティブであることが判明している。その理由の一つは、施設がフィットネスを提供するだけでなく、モチベーションを与えているからである。モチベーションは定期的に運動を続けるための重要な要素であり、そもそもジムが存在する理由でもある。そして、この産業が存在する理由の一つであることは明確だ。最も強力なモチベーションの源泉はほかの人と一緒に運動することで得られる努力とつながりである。

とされています。私はこの主張に非常に共感しました。

トレーナーとお客様がともに努力をシェアすることは運動を続けるうえで大切だと今までたくさん出会ったお客様とお話をして実感していたからです。

モチベーションは運動習慣を長く続けるために、必要な要素ということが分かりました。

私は常々、運動を継続的に行うことが、すべての年齢に対して、心身の健康につながり、価値を感じて頂けると思っています。

現在、どこのジムでもお客様の安全を守るために、厳しく感染対策をしておりますし、PCR検査なども行い、リスクを最大限に減らす努力を行っています。

その中でも、ジムに通うことを何らかの理由で迷われている方がいらっしゃれば、通うことでモチベーションの維持に良い効果があり、健康的に運動をはじめるきっかけになれれば幸いです。

それではまた!!

最新情報をチェックしよう!
    >Zoe'  至誠を大切にしています

    Zoe'  至誠を大切にしています

    ダイエット、バルクアップ、ジムの詳細を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

    CTR IMG